fc2ブログ
2023-10-15 (日) | Edit |
どうも、やすっぽです。

今年は体調がとにかく悪くて、このブログもひどい有様です。

ここ最近は、以前PDFに自炊したドストエフスキーの『悪霊』を読んでいる。
今からちょうど10年前くらいに文庫を買って読み始めたものの、ロクでもない奴らばっかり出てくるので、もう疲れて始めの方でやめてしまったのだった。久しぶりの再戦である。

現在、全体の真ん中くらいかな。2冊目の3分の2くらいを読んでいる。

ドストエフスキーの人物描写はしっかりしていて、見栄、劣等感、傲慢、欺瞞、臆病などなど、人間の愚かさをしっかり書いているので、読んでて疲れる。
また、19世紀末の革命前のロシアのニヒリズム、革命を指向する過激派の論理などをよく掴んでいる感じがする。頭が混乱している雰囲気もうまい。

ところどころ、その後のソ連体制を予見したような表現があったりして、頭がいいなあと驚く。我々はその後のソ連の全体主義体制を知っているが、この小説が発表されたのは革命よりずっと前であるから凄いよね。

前にも書いたが、ドストエフスキーとフィリップ・K・ディックは疲れる。

日々、少しずつ読み進んでおります。

では、また。やすっぽでした。

関連記事
スポンサーサイト



2023-05-15 (月) | Edit |
とりあえず、まだ生きております。
そのうち何か書きます。では、また。
関連記事
2023-01-02 (月) | Edit |
どうもやすっぽです。

新年、明けましておめでとうございます!

昨年の後半は体調が悪すぎて、ブログをあまり更新できませんでしたが、どうにか無事年を越せました。

数少ない読者の皆様、今年もよろしくお願いします。
関連記事
2022-11-29 (火) | Edit |
どうもやすっぽです。あっという間に11月末になってしまった!体調が悪すぎて更新できませんでした。

ではでは、本題へ。ようやくフランク・ガードナーの小説『CRISIS』(ルーク・カールトン シリーズ1作目)を読み終えた。
知らない単語をきっちり調べながら読んだので、けっこう時間がかかってしまった。おまけに、透析中に読んでいるので、周囲の患者の柔軟剤やら香水やらにやられてしまい、思考力が奪われているせいでさらに時間がかかっていた。臭くない環境であれば少なくとも3倍のスピードで読めるだろうに。感想についてはまた後日書くことにする。

そんなわけで、近頃はヘルマン・ヘッセの『デミアン』をドイツ語で読んでいるのだが、久しぶりのドイツ語で、けっこうしんどい。30分も過ぎると「もういいわ…」と疲れてしまう。周りも臭いしね。

そんなときは、フランク・ガードナーの小説『ULTIMATUM』(ルーク・カールトン シリーズ2作目、洋書)を読むのであった。

変な話だが、「英語に逃げてるなあ」と、幾ばくかのうしろめたさを感じるのであった。

「英語に逃げてる」とは、俺も出世したもんだぜ、というお話でした。いつか「ドイツ語に逃げる」日が来ればいいね。

ではでは。それではまた。やすっぽでした。

関連記事
2022-08-18 (木) | Edit |
残暑お見舞い申し上げます。どうもやすっぽです。

ここ2ヶ月ほど、高温続きのせいで、つまり光化学スモッグのせいで化学物質過敏症が激悪です。交感神経がピリピリして、実質朝方まで眠れません。
その疲れのせいで、起きている間、認知がひどくて頭が使い物になりません。

そんな中、家での少ない空き時間に『ナイフマガジン』のPDF読み込みをボチボチやっています。まあ、それくらいしか出来ないんだけどね。

そんでもって、国内外のカスタムナイフメイカーの作品を見ていると、自然と創作意欲が湧いてくるからうれしいね。ちなみに俺の好みとしてはS.R.Johnson とか、エマーソンとか、Bill Ruple の作品がきれいだと思う。みんな品があってかっこいい。

いつか、 体調が元気になったらナイフ作りを始めたいね。

そんな感じで過ごしております。まだまだ暑さが厳しいので、皆さんもお体ご自愛ください。

では、また。やすっぽでした。
関連記事
2022-07-07 (木) | Edit |
どうもやすっぽです。

6月からクソ暑くなってしまい、光化学スモッグにダメージを受けて体調が悪いやすっぽです。どうにか生きております。

ガードナーの『CRISIS』で、address という単語がちょこちょこ使われている。
日本人の感覚だとアドレスと言えば「住所」とか「宛名を書く」が真っ先に思い浮かぶけど、動詞も名詞も、「演説する、(聴衆に向かって)話をする」が一番目の意味なんだってさ。

作品から引用します。と思って探したけど見失った…。すまん。

やすっぽでした。




関連記事
2022-06-07 (火) | Edit |
どうもやすっぽです。体調が悪すぎて、更新が途絶えてました。まだ生きております。

さてさて、フランク・ガードナーの『CRISIS』を透析中に1時間ずつ読んでいるのだが、これが、読み進めるのに時間がかかっている。現時点でまだ116ページである。遅い。

なぜ時間がかかっているのか考えてみたのだが、まず1つ目は体調が悪すぎて頭の回転が遅いこと。次に2つ目はガードナーがインテリなので見たことない単語がゴロゴロ出てくること。

あとは、単にガードナーの文章のリズムに慣れていないだけ。

そういえば、最近、急に読みやすく感じてきたっけ。

ちなみに、文法が分からなくてお手上げってことは今のところありません。気付いてないだけかもしれないけど。

では、また。やすっぽでした。


関連記事